【徹底解説】ストレスが溜まるとお腹いたくなる、対策方法

CBDの効果・効能
“こんにちは、カンナです。今回は、ストレスを感じたときにくる腹痛について解説します!おかしなものを食べたわけでもないのに、通勤途中の電車で目的地が近づくにつれてお腹が痛くなる、そんな悩みを解決に導きます。ぜひ最後までご覧ください!”
 

ストレスでお腹が痛くなるのはなぜ?

カンナ
大事な会議の日には決まっておなかが痛くなる。会社に向かう通勤電車の中やプレゼンに向かう出張の道中でで突然、腹痛に襲われる……。そのような経験をされたことはないでしょうか?その腹痛、原因はストレスです!

ストレスを感じたときに体内で起こること

人はストレスを感じるとなぜかお腹が痛くなる。大事な時にこそトイレが恋しくなってしまうものです。このとき体の中では、脳の視床下部にある「室傍核」(しつぼうかく)というところから「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)」の分泌量を増やしています。
このホルモンは、腎臓の隣にある「副腎」から分泌される「コルチゾール」(代表的なストレスホルモン)の放出を促したり、交感神経を活発にして心拍数や血圧を上昇させますが、同時に骨盤部の副交感神経に働きかけて腸の運動も促すといいます。
このため、その人にとって非常に高いストレスを感じると、腸が活発に動いた結果、おなかにキリキリとした痛みを感じることがあるわけなのです。
▼ストレスにお悩みのあなたへ

CBDで仕事のストレスを克服する8つの方法

ストレスによる腹痛の正体はこれだ!

不健康な大腸のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト
「ストレスを受けると脳からCRHが放出されるだけでなく、大腸の腸壁でアレルギー反応に似た現象が起こることも最近明らかになりました。つまり、腸自体がちょっとした刺激にも反応しやすくなるのです。
さらに、腸の状態は神経を介して脳へと伝えられ、気分や感情に大きな影響を及ぼす。腸が過敏な状態が長期間続くと、不安障害やうつ状態になりやすくなるとの指摘もあります。脳と腸は互いに密接に関係し合っている。これは『脳腸相関』と呼ばれ、近年、注目されている現象です。
 
“CBDオイルは腹痛をはじめ、あらゆる痛みに効果があることが確認されています。痛みに作用するCBDの効果もあわせてご覧ください!”
 

痛みにCBDオイルは効果があるのか?

過敏性腸症候群とは?

川崎幸クリニック(川崎市)心療内科の天野雄-医師の方の意見によると、

ストレスが引き金になって、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を繰り返す状態が続くようであれば、過敏性腸症候群である可能性が高いと考えられます。仕事や人間関係などのストレスを感じると、突如として腹痛や激しい便意に見舞われるもので、腸に炎症やポリープといった原因となる疾患がないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴う下痢、便秘などの便通異常が繰り返し起こる病気です。トイレに行って排便するとすっきりするのに、職場や通勤電車内など、時と場所を選ばずに起こるので大変厄介な症状です。腸と脳は密接な関係があり、ストレスを感じると脳から腸にその情報が伝わって腸の運動が活発になり、腹痛や腹部の不快感につながるのです。


過敏性腸症候群の人は、周囲から「気が小さい」「神経質」などと言われがちですが、必ずしもそういうわけではありません。実際に腸を調べてみると、腸自体が人よりも刺激に対して非常に敏感になっているのだそうです。
それがさらなるストレスとなり、痛みを強く感じるという悪循環に陥ります。患者さんは若い世代に多く、男性では下痢型、女性では便秘型が多く見られ、両方を繰り返す混合型、分類不能型の四つのタイプがあります。日本人の10人に1人が患っており、決してまれな病気ではありません。

 
※引用 「ストレスで悪化する過敏性症候群 腹痛への不安で生活に支障も」

ストレスがなくなりさえすれば

過敏性腸症候群とうまく付き合っていくことで、治療の目標は症状を軽減することにあります。「規則正しい生活を送り、正常な便通習慣を取り戻す」「スポーツや趣味などでストレスを発散、コントロールする」ことに心がけることです。薬を服用する場合もあります。鎮痛薬、消化器運動機能改善薬、精神安定剤、漢方薬などが処方されます。過敏性腸症候群は主にストレスが原因で起こる病気なので、薬によって症状が緩和できても、それは一時的なものです。

薬に頼ると効果や副作用が心配


どうしても生活習慣の改善が難しい場合、真っ先に薬に頼ることが多いと思います。しかし、薬に頼った場合は、副作用が生じたり、身体が慣れてしまうと効果が発揮されなかったりします。

天然由来の成分で安心・安全のCBD

そんな薬の副作用に悩まされることなく、ストレスや痛みを解消してくれるのが「CBDオイル」です。

CBDオイルとは、麻から得られる「カンナビジオール(CBD)」を含む製品です。CBDには、
・精神安定化
・鎮痛効果
・炎症抑制
・発作抑制
・免疫バランスの調整
などの効果が期待されています。
この成分のすごいところは即効性があるということです。
ストレス系に効く漢方薬や健康に良いとされる食品のほとんどは即効性は無く、数か月継続してやっと効果が現れるといったものが多いのに対し、CBDは効果の対象にもよりますが、リラックス効果であれば、早ければ10分、標準でも30分くらいで効果は実感できます。ただし、CBDは対症療法に属するため、定期的に摂取しないと元の状態に戻ってしまいます。

CBDオイルの効果・効能とは【これぞ万能薬】

ストレス解消にオススメのCBD

“カンナがオススメするCBDオイルを以下に紹介します。特に初めての方には低濃度のオイルから始められることをおススメします!”

オイル

10分程度で素早く効果を感じることができる、好きな量を摂取できる。

 
【ENDOCA(エンドカ)】低濃度CBDオイル(10ml)<CBD3%>
【ENDOCA(エンドカ)】高濃度CBDオイル(10ml)<CBD 15%>

カプセル

効果を実感するまで時間がかかるが(最大40分)、一定量摂取できる。初心者におすすめ、持ち運び便利。
 

 
【ENDOCA(エンドカ)】低濃度CBDカプセル(30粒)<CBD 10mg/粒>
【ENDOCA(エンドカ)】高濃度CBDカプセル(30粒)<CBD 50mg/粒>

座薬

ハードルが高いが、腸に直接届くために効果オイルやカプセルより効果を実感できる確率が高い。外でさらっとは使えない。

【ENDOCA(エンドカ)】CBD座薬 (10粒) <CBD 50mg/粒>

“カンナは先程申し上げたとおり「Endoca」をオススメしておりましたが、他にも数多くのメーカーが存在しています!また、オイルやカプセル以外にもペーストやベイプで摂取することも可能ですし、スキンケアグッズ・グミ等のCBD商品もあるため、気になる方は覗いてみてください。”
またこちらのサイトでは、日本の正規代理店のため、サポートが充実しており安心してお買い物することが可能ですよ!

おわりに


日々の通勤や会議、プレゼンのたびに感じている腹痛。
生活習慣の見直しも大切ですが、日々のストレスを解消し、身体も心もフレッシュな状態で、毎日を過ごすことが大切です。
薬に頼ることなく調子を整えられれば、こんなに素敵なことはありませんよね。

“今回ご紹介したCBDを活用して、日々体調を整えることで仕事もプライベートも充実したものになりますように!”
それでは、今回もお読みいただきありがとうございました!

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。