CBDオイルの始め方ガイド!初心者でも失敗しない摂取方法とは?

CBDとは
CBDオイルを始めたいけれど、どうすれば良いのだろうと困ってはいませんか?CBDオイルの始め方や正しい摂取方法のポイントを知っておけば、初心者でも安全に使うことができます

今回はCBDオイルの始め方と失敗しない摂取方法について紹介していきます。初心者は参考にして始めてみてください!

CBDオイルの始め方について

CBDオイルの始め方
CBDオイルの始め方として、初心者はまずCBDオイルの成分や効能、オイルが正規の物かチェックしましょう。

CBDオイルは何から出来ているかというと、大麻に含まれる成分カンナビジオールから抽出されています。大麻は幻覚作用がある麻薬であり体に毒となる物ですが、CBDオイルは麻薬となる中毒性の成分が入っていないので摂取しても大丈夫です。

逆にカンナビジオールには睡眠改善・免疫系の症状の改善効果があり、不眠症リウマチなどで悩んでいる人を助ける効能を持っています。濃度の高いCBDオイルは、その分価格も高くなってしまいますが医療薬目的としても期待されているというわけです。

CBDオイルは主にアメリカのメーカーから販売されていますが、中には粗悪品で体に悪い物も扱われているので注意が必要です。使うオイルは医薬品適正製造基準認定(CMP)を満たしている物を選んでください。CBDオイルの始め方で安全なオイル選びは大切です。

違法な商品を購入してしまう可能性があるため、きちんと情報収集を行いましょう。不安な場合は既にCBDオイルを利用している友人などに相談してみるのもいいかもしれませんね。

CBDオイルを始める前の注意点

CBDオイル始める前
CBDオイルの始め方として初心者が注意しなければいけないのが、日本では医療用大麻も禁止されているのでオイルが法律的に違反していないかになります。ここをクリアしていないCBDオイルは、絶対に購入しないようにしましょう。

法律で問題がないか

日本の法律では「大麻取締法」があり大麻は違法薬物の扱いとなるので、CBDオイルはこの法律をクリアしていなくてはいけません。クリアとなる物は成熟した大麻草の「茎及び樹皮を除いた製品」と成熟した大麻の「種子及びその製品」です。

CBDオイルはクリアとなる部分から抽出されていることが前提になります。大麻の茎・葉・花から抽出されているオイルは法律に触れてしまいます。オイルの商品情報をチェックする際は、大麻のどの部分から抽出されているか必ず見ます。

THCが含まれていないか

大麻が麻薬として問題視されるのは幻覚作用のあるTHCを含んでいることなので、THCが含まれているCBD商品は、「麻薬及び向精神薬取締法」に触れてしまいます。基本的にCBDオイルには含まれていないはずですが、きちんと見ておきましょう。

CBDオイルにTHCが入っていると気づかずに使えば、体に毒となり法的にも違反することになります。自分自身を守るためにも、THCが含まれているオイルは絶対に手に取らないようにしましょう。

CBDオイルの体内での動き


CBDオイルのカンナビジオールは睡眠改善や免疫系の症状に効きますが、これにはCBDオイルの体内での動きが関係しています。人間の体には体全体のバランスを活性化させるカンナビノイドがあり、この生成をオイルが促進させてくれるのです。

CBDが与える影響とは

CBDオイルのCBDを摂取すると体内でCB2受容体に作用して、カンナビノイドの生成が活性化されます。CB2受容体は脳内の中枢神経系に存在しており、免疫機能に影響を及ぼす働きがあります。

 CBDによりCB2受容体が作用されてカンナビノイドがたくさん作られることで、体の不調を改善する効能がもたらされます。 

CBDが体内に入るまで

CBDオイルでCBDを摂取すると体内に入るまでは、直接口に入れて飲む方法の摂取で30~1時間30分程度の時間がかかります。

CBD が受容体にまで届く量はCBDの含有量で口に入れて飲む方法の場合6~15%程度となります。

CBDオイルの摂取方法について

CBDオイルの始め方で初心者におすすめの失敗しない摂取方法として、先ほどご紹介した口から飲む方法を選びましょう。
 オイルを皮膚につける方法もありますが、口から飲んで摂取するより効果が薄いのでおすすめの方法ではありません。  口から飲む摂取方法は正しくは飲むというより、舌下にCBDオイルを垂らして舐めて摂取する方法です。舌下は毛細血管が集中しているため口腔の粘膜から吸収されたCBDが血液に浸透しやすく、CBDの成分が体内に早く吸収されます。

CBDオイルは垂らしたらすぐに飲み込まないで、しばらく待ってから飲み込みます。待つ時間は1~2分を目安にしましょう。
オイルの摂取量は開始1週間の時は朝・昼・夜1滴ずつにして、次の週からもう1滴増やすのがおすすめです。小さなスプーンにオイルを垂らして口に入れると、摂取量を正しく守ることができます。

早く効果を感じたい場合はCBDの含有量が多いオイルを選ぶと、体に吸収されるCBDの量が増え効果が出るのも早くなります。不眠症を緩和する効能があるので摂取した後に眠くなりやすいため、摂取するタイミングは寝る前にするとぐっすりお休みできます。

CBDオイルの摂取方法について詳しく説明した記事もあるので、そちらもご参照ください。

CBDオイルを摂取してキマるのか試してみました

まとめ

CBDオイルは大麻から抽出されるオイルなので、始め方として必ず法的に触れない原材料と成分でできている物のみ選ぶようにしましょう。CBDオイルを口から飲む摂取方法で、寝る前にCBDオイルを摂るのがおすすめです。

今回ご紹介した内容を元に、初心者の方もチャレンジしてみましょう。
LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。