CBDやCBDオイルはダイエットに最適?効果は?健康的に痩せる方法

CBDの効果・効能
“こんにちは、週末に食べ過ぎてしまってダイエット中のカンナです。みなさんの中にも気になる方もいるのではないでしょうか?そんなあなたに朗報です!実はCBDに脂肪を燃やしやすい状態にしてくれる力があるかもしれません!是非ご覧ください。

CBDやCBDオイルはダイエットにも効果的

最近日本でも耳にするようになったCBDというワードですが、CBDとは何か、そしてCDBが身体にどのような影響を与えるのかについて知っていますか?

CBDに関する本や雑誌を読んだことがある方や検索を行ったことのある方は、CBDオイルの健康上の利点について既にご存知でしょう。

大麻植物に見られる貴重な天然化合物は、治療が難しく、潜在的な副作用のある強力な薬を必要とする病状の医薬品として使用できます 。

たとえば、CBDまたはカンナビジオールは、アルツハイマー病パーキンソン病不安とうつ病炎症性疾患への治療に使用できます。

さらに、CBDはダイエットにも効果的であることを知っていますか?

大麻の成分が、モチベーションの維持や空腹感に関連していることが理由だと言われています。

本記事では、CBDの摂取が体重を減らすのに役立つ理由について詳しく解説していきます。

内カンナビノイドシステムとダイエットの関係

CBDがより良い身体構造の恩恵を受ける理由の説明を探すことができる分野の1つは、カンナビノイドシステムとその機能の仕方です。

主に体の神経系免疫系に位置する内在性カンナビノイド系は、神経伝達物質と受容体からなるネットワークであり、身体の各部の適切な機能に関して異なる役割を果たします。

内因性カンナビノイドまたは神経伝達物質に含まれる物質は、体内で自然に作られ、受容体を介して細胞に情報を送るメッセンジャーとして使用されています。

CBDはカンナビノイドの1種であり、体内のカンナビノイドに存在するのと同様の方法で作用する能力を持っています。

体内システムのアクティビティで不均衡が検出されるか、多動または過活動が記録されると身体に問題が発生します。

肥満の場合、報告される信号は通常、内因性カンナビノイド系の活動亢進に関するものであり、これによりかなりの体重増加がもたらされます。

CBDの摂取は体内の受容体と通信し、特定のトリガーを身体に送る能力のおかげで、内因性カンナビノイドシステムの正常な機能を調節するのに役立ちます。

CBDは肥満に最も有効な治療法ではありません。しかし、健康的な食事とCBDを組み合わせ利用すると、結果として、しっかりと減量に成功することが出来るでしょう。

ダイエットにおすすめなのはCBDオイル

CBDを含む商品はさまざまなタイプが販売されています。

チンキ剤ボディローションクリーム、ベイプ、サプリメント、グミなどいろいろな方法でCBDの成分を摂取することができます。

その中でも最も一般的に見られるCBD製品の1つはCBDオイルです。

CBDオイルを摂取することは、体にとってたくさんの良い影響を及ぼし体重の減量を大きく助けます。

初めに、ダイエットの基本的な知識とダイエットを行うことで身体に悪影響を及ぼしてしまうケースとその理由について簡単に説明していきます。

ダイエットは、理論的には非常に単純な作業のように聞こえます。

体重を減らすためにしなければならないことは、1日に摂取するカロリーを1日に消費するカロリーよりも少なくすることです。

しかし1日の摂取カロリーを減らすことで、エネルギー不足や絶えず空腹感を感じるなどの悪影響を引き起こす可能性があります。生産性が低下したり、精神的なストレスの原因となってしまいます。

また、体重の増減は、体内のホルモンバランスレベル代謝プロセス炎症状態、および内因性カンナビノイドシステムに関連しています。

ダイエットを行うことで上記に影響を与えてしまいます。なので、健康状態を維持したり、病気を発症するリスクを回避するために崩れてしまったバランスを修復することが必要となってきます。

ここでCBDの出番です。

大麻植物内にあるカンナビノイド、特にCBDカンナビノイドは、身体のシステムバランスを回復し、機能不全を治すことができます。

この化合物は、内在性カンナビノイドシステムを回復し、バランスを回復することを目的として、恒常性維持に積極的に使用されています。

では、実際に何が起こっているのか、詳細を見てみましょう。

CBDは細胞がグルコースを使用するのを助けるといわれています。

CBDがダイエットに効果的な理由

インスリン抵抗性は肥満の主な特徴の1つです。

インスリン抵抗性の概念を見てみましょう。

体内の代謝プロセスが適切に機能する場合、食物が体内に入ると血糖値が上昇し、膵臓はインスリンを放出してブドウ糖を体細胞に輸送し始めます。

グルコースは細胞に到達すると、それを使用してエネルギーを生成します。

しかし、悪い食生活を通じてシステムに提供されるグルコースが多すぎると、損傷が生じます。

体の細胞は、高用量のグルコースを消費することができなくなり、細胞へのインスリンの信号に対する抵抗力を発達させ、糖が浸透できるようになってしまいます。

血糖値が高すぎる危険性を発見すると、膵臓はさらに高レベルのインスリンを放出し始め、最終的に、グルコースの量はインスリンの過剰なレベルから低下し、身体は空腹とエネルギー不足の引き金となります。

このサイクルは繰り返され、より多くのダメージを与えます。

栄養の変化によって停止することができますが、細胞がより多くのグルコースを受け取り、使用するのを助けるのにCBDが重要な役割を果たすことが研究により明らかになっています。

CBDと脂肪細胞の代謝機能

受け取った物質からエネルギーを生成するという身体の能力は、通常の生活とシステムの適切な機能に不可欠です。このプロセスは代謝と呼ばれ、健康な状態を維持するための基本的なプロセスです。

ミトコンドリアはグルコースをエネルギーに変換する効果があるため、この代謝プロセスで重要な役割を果たします。

しかし残念ながら、上記で解説したように、グルコースが多すぎることで、ミトコンドリアもダメージを受けてしまいます。

ミトコンドリアの機能障害は、持続的な力と健康の維持に積極的に関与しているため、がんにも関連しています。

研究では、CBDがミトコンドリアの機能にいい影響を与え、体の代謝プロセスを改善することが明らかになっています。

白色脂肪細胞におけるCBDと遺伝子発現

白血球は、体内で最も危険な脂肪細胞として知られています。

先ほど言及した白色脂肪細胞は、身体の器官の周りで衝突があり、時には彼らの通常の行動に悪影響を及ぼします。

CBDには、白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える強力な効果があると言われています。

褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞よりも優しく**「乳脂肪」**として知られています。

褐色脂肪細胞とは異なり、白色脂肪細胞は取り除くのが困難です。

CBDの効果によって白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変換される際に、私たちの身体はこれらの細胞を燃焼または喪失しやすいものに変えることを助けます。

さらに、CBDの消費により、体の新しい脂肪細胞の生成速度が低下します。

まとめ|CBDやCBDオイルとダイエット

このように大麻に見られるこの1つの化合物であるCDBは、非常に多くの可能性を秘めています。

CBDについてもっと知ることで、よりよい生活を送るためのヒントを得ることが出来るでしょう。

まだまだ研究段階で不透明な部分もありますが、まだ知られていない効果があることも事実です。

さまざまな効果が期待できるCBDですが、実際多過ぎて把握しきれないことも、、、そこでCBDの主な効果をまとめてみましたのでこちらからどうぞ!

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。