CBDアイソレートとは?

CBD初心者
こんにちは、カンナです。
CBD製品には全部で3種類あります。
CBDアイソレートはCBD製品を摂取するにあたって、最も始めやすい製品となります。
そこで、CBDアイソレートはどのような製品なのか、どんな性質なのか見ていきましょう!

CBDアイソレートとは

アイソレートという言葉は「分離」「単体」という意味です。
この言葉の意味どおり、ヘンプからCBDだけ単離させた製造方法で生産された製品をCBDアイソレートといいます。
この製品にはCBD以外の成分は一切含まれていないため、含有量は99%以上のものになり、濃度が高いため結晶化し、パウダー状にして販売されています。

CBDアイソレートの製造方法

超臨界 CO2 抽出法

CBDは主に超臨界CO2抽出法で抽出されます。
二酸化炭素を用いた超臨界抽出のプロセスを超臨界CO2抽出法と言います。
超臨界CO2抽出法はコーヒー豆からカフェインを抽出したり、医薬品関係なら薬効成分の抽出にも適用されている抽出方法です。

CBDフルスペクトラムとCBDアイソレートの違い

フルスペクトラムの特徴
①そのCBD単体だけの栄養素ではなく、その他のカンナビノイドであるCBNCBGCBC、また自然由来のテルペン成分など数多くの栄養素を抽出する方法のため様々な栄養素を摂取できる
②アントラージュ効果が期待できる
アントラージュ効果とは、自然な状態で複数の化合物を組み合わせたときに生まれる結果は、部分の合計ではなく、増倍な影響が生まれことを指します。
CBDアイソレートの特徴
①CBD栄養素だけを単離して抽出する方法。超臨界二酸化炭素抽出によって抽出されたフルスペクトラムオイルをさらに濾過することで、CBD栄養素だけを抽出することが可能です。
③無味・無臭な結晶タイプなので、お好きな食材や飲み物に混ぜて摂取することができる

CBDアイソレートの使い方

①そのまま摂取する
②CBDリキッドを自作する
③CBDリキッドに混ぜる
④CBDオイルに混ぜる
※入れすぎれしまうと結晶化してしまうので、少量から混ぜましょ
CBDアイソレートは経口摂取と蒸気摂取のどちらでも使用できます。

①そのまま摂取する

料理や飲み物等に入れる

CBDアイソレートは無味無臭なため、料理や飲み物にも取り入れることができます。もちろんそのまま口に入れて摂取していただいても構いません。
そのため、海外ではレモネードやカクテル、コーヒーなどの飲料にCBDを投入して提供してるレストランやカフェもあります。
CBDではありませんが、恵比寿にヘンプシードを使ったヘンプ料理専門ダイニングがオープンするなど、認知が広まってきています。

ガラスパイプで摂取する

紙巻きタバコのように摂取するよりもガラスパイプを使用した方が手軽にCBDアイソレートを楽しむ方法もあります。
使い方は、ガラスパイプの受け皿にCBDアイソレートのパウダーを入れ、下からライターで炙り、出てきた煙を深く吸い込み、少し息を止めてから吐き出します。
Ploom TECH(プルームテック)のような見た目の専用ヴェポライザーも販売されているのでおすすめです。

②CBDリキットを自作する

VG(ベジタブルグリセリン)やPG(プロピレングリコール)を購入し、フレーバー(香料)とCBDパウダーを入れることで自分で作ることができます。
VGよPGは無味無臭の油状液体でAPEリキッドを構成している有機化合物で、食品や医薬品に用いられることもあります。
好みのフレーバーとCBDの濃度を調整できるので、慣れている方はこの方法で摂取しています。
また、CBDオイルはオリーブオイルやココナッツオイルのベースものがあるので、これらの植物性オイルに混ぜて使用する方法もあります。

CBDリキットの濃度をあげる

CBD リキッドにCBDアイソレートを入れれば濃度を上げ、高濃度のCBDを楽しむことが可能です。
ただ、10%以上になると溶けきらなかったり、溶けても再び結晶化する可能性がありますので、ご注意ください。

PG(プロピレングリコール)で作る

PGとはVAPEリキッドを構成している有機化合物で、食品や医薬品に用いられることもあります。
無味無臭の油状液体なのでCBDとの相性があい、好きな濃度でCBDリキッドを自作することができます。

VAPE リキッドで作る

既製のCBDリキッドに好みのフレーバーがなければ、お気に入りのVAPEリキッドに混ぜることも可能です。
ただ、VAPE リキッドに含まれるPGの量によってCBDが溶ける量も変わってくるのでご注意ください。

③CBDオイルを自作する

お持ちのCBDリキッドにCBDパウダーを入れると、高濃度のCBDを楽しむことが可能です。
ただ、入れすぎてしまうと溶けきらなかったり、溶けても再び結晶化する可能性がありますので、パウダーの量を調節しながらお試しください。

食用油に入れる

CBDオイルにはオリーブオイルをベースとしたものもあります。
エゴマ油や亜麻仁油など、自作のCBDリキッドのように好きな食用油に混入してください。

④CBDオイルに混ぜる

CBDパウダーをCBDオイルに入れます。
上記で述べたように濃度が高くなると結晶化するので、少量から調節しながらお試しください。

CBDアイソレートまとめ

CBDアイソレートはオイルタイプもあればパウダータイプのものもあり、とても使い勝手が良く、お好みの濃度に調整できるため、人気を集めています。
CBDに慣れてきたら、自作してご自分に合う濃度を見つけるのもCBDの良いところではないでしょうか。
出来たCBDを仲間同士で試し合うのも良いですね!
良いCBD LIFEを!

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。