マインドフルネスと副交感神経の関係性【質のいい睡眠をとる方法】

CBDの効果・効能
“こんにちは、カンナです。今回は最近耳にすることが多くなった「マインドフルネス」についてご紹介します。「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」などの効果が実証され、大企業や学校などでも取り入れられて効果を発揮しています。ぜひ最後までご覧ください!”

マインドフルネスとは?

瞑想, 平和, シルエット, 日没, 静かな, ヨガ, 禅, 穏やかな, 瞑想
マインドフルネスとは、自分自身の心(気持ち)の状態に気づく力を育む心のエクササイズです。それを通して、自分自身に集中し、ストレスを感じないリラックス状態になることを目指します。
よくスポーツシーンで「ゾーンに入った」という言葉を耳にすることがありますが、その状態に近いです。

アメリカでは
グーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられています。また、小学校などで取り組んだところ「いじめや差別が減った」という実証も出てきているようです。

日本でも、雑誌やテレビで特集が組まれるなど、マインドフルネスは今、世界的な注目を集めています。
 

マインドフルネスの気になる効果とは?

ワークデスク, スマート フォン, ラップトップ, 電話, スマート, デスク, ビジネス, 技術, モバイル

マインドフルネスの効果
ストレスの軽減、集中力の向上、注意力の向上
[/su_box]

■ストレスの軽減

マインドフルネスを行うことで、雑念をリセットできるため、心が落ち着けることができます。
ご自分の意識と呼吸に、客観的に注目することができるためです。
ストレスを感じている時は、呼吸が早く浅くなっている場合が多いので、マインドフルネス瞑想を取り入れて解決。
日々の習慣にすることでストレス耐性ができ、動揺することも少なくなります。
 

■集中力の向上

「今、ここ」に意識を意図的に集中することで、雑念をリセットしてリラックス。
ご自分が取るべき言動を認識することできるため、集中力が向上します。
集中力がなくなってきた場合、マインドフルネス瞑想を行うことで復活。
集中力の向上に伴いパフォーマンスも上がるため、仕事をスムーズに片付けることができます。
 

■注意力の向上

ストレスを軽減し、集中力が向上するため、物事にフォーカスする力がつくため注意力が向上します。
仕事のミスに気づきやすいため、パフォーマンスも向上。
また周り人の変化にもよく気付き、素早く気配りや配慮ができるため人間関係も向上します。
 
仕事のストレスを軽減しパフォーマンスを向上したいと考えるあなたには、ぜひこちらの記事もおススメしています!

CBDで仕事のストレスを克服する8つの方法

マインドフルネスと副交感神経の関係

副交感神経とは?

私たちの心と体のバランスをつかさどる自律神経。その自律神経は、自分の意識とは関係なく、脳の指示でもなく、循環器、呼吸器、消化器などの働きを24時間365日コントロールしています。
この自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、心拍数を上げたり、血管を収縮させたりするなど体をアクティブにする働きを持ち、副交感神経はその逆で、体をリラックスさせる働きをもちます。
この2つがバランスよく働くことで、体の恒常性(ホメオスタシス)が保たれます。
しかし、夜に光の明るい場所で過ごしたり、仕事で夜勤をしたりすると、自律神経がうまく働かなくなり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。その結果、寝つきが悪くなったり、寝てもすぐに目が覚めたり、体のだるさが残ったりという症状が出るようになります。

良い睡眠のカギは夜の副交感神経にあり!

「熟睡 フリー」の画像検索結果
夜に副交感神経が優位になると、寝付きが良くなってぐっすり眠れ、心身の休息と回復がしっかりと行われます。
例えば、副交感神経の働きである血管の拡張によって、血液やホルモンが体中の細胞に運ばれやすくなります。血液は、体内の細胞に栄養素を運び、細胞からの老廃物を受け取る働きがあります。これによって、細胞は効率よく、栄養の吸収と老廃物の排出を行うことができます。
また、睡眠中には特に成長ホルモンが重要な働きをし、細胞の新陳代謝を促進し、病気の治癒、免疫力の向上、アンチエイジングなどの働きも行います。
 

マインドフルネスとの関係性

姿勢を正して心を落ち着かせて行うマインドフルネスによって副交感神経の働きを良くすることで、

  • ・心と体を休める
  • ・良質の睡眠による熟睡感
  • ・内臓のマッサージ効果
  • ・免疫力の向上
  • ・脳の活性化

などの効果も期待されています。
このようにマインドフルネスは、驚くほど幅広くあなたの心と体をサポートしていきます。

【不眠症の方必見】医者からのアドバイスでCBDオイルを使ってみた。


 

マインドフルネスの効果を引き出すCBDオイル

“ここまでご紹介したように、マインドフルネスはストレスを軽減し仕事の効率を上げたり、副交感神経に作用して睡眠の質を向上させたりします。この効果をさらに引き出すと注目を集めているのがCBDオイルです!”
最近注目を集めているCBDオイルにも、ストレスを軽減したり睡眠の質を向上させたりする効果が期待されており、マインドフルネスと併用することでその効果をさらに高めると言われています。
心を整える呼吸と瞑想のメソッドであるマインドフルネスとカンナビノイドを補給しリラックス感を味わえるCBD(カンナビジオール)は非常に相性が良いんですね!

マインドフルネスにCBDオイルが合う理由

そもそもCBDは、THC(テトラヒドロカンナビノール)と並び、大麻(麻)に含まれた、100種類(諸説あります)以上あるカンビナノイドの中の主成分。
CBDはTHCと異なり、気分を高揚させる精神作用はなく、むしろストレスや痛みをやわらげる、リラックス効果、鎮静作用が期待できます。
毎日続けることでさらなる効果が期待されるマインドフルネス。
しかし、マインドフルネスに取り組んでいる方の中には、
「集中力が続かず、うまく呼吸や瞑想ができない」
という方もいらっしゃるようです。そこでCBDを併用することにより、よりマインドフルネスに取り組みやすくする効果があり、結果的にマインドフルネスの効果を高めることができるということです。

おわりに

マインドフルネスにより副交感神経を整えることで、心と体をリラックス状態にし、あらゆるパフォーマンスの向上につながるということがおわかりいただけたでしょうか?
また、CBDオイルを併用することでマインドフルネスへの取り組みへの集中力を高めることができ、効果もさらに高めることができるということが期待されているということについてもお伝えさせていただきました。

“さらにカンナがマインドフルネスの効果とともにお伝えしたかったことは、副交感神経を整えることのメリットでした。CBDにもその効果が期待されており、マインドフルネスに取り組んでいる方や、記事を見て取り組もうと思った方にはぜひおススメしています!”
気になるCBD製品はこちらのページから
 
あわせて読みたい▼

睡眠不足はCBDで解決!質の良い睡眠をとって健康になりましょう


それでは、今回もご閲覧ありがとうございました!

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。