CBDは禁煙の役に立つのか?【タバコの新形態とは】おすすめのタイプも紹介

CBDの使い方
どうもエルです。みなさんタバコは吸いますか?最近、CBDを摂取することが禁煙に繋がるのではないのか?と言った研究結果がでたのです。

 

実際、電子タバコであるvapeなどを使用した成功例の情報がいくつもあります。本記事ではCBD摂取がもたらす禁煙効果について詳しく解説していきます。

CBDとその効果とは?

CBDとは、大麻草に含まれる成分の一種で、別名はカンナビジオールと言います。大麻と聞くと違法ではないのか?と感じるしれませんが、CBDは医療用にも使われており、厚生労働省も認可している合法成分です。また、世界保健機関であるWHOも安全性を認めており、安心して摂取できます。

主な効果としてはストレス緩和や心身のリラックス・不眠の解消だけに留まらず、肌の膚トラブルを改善する効果もあるためCBD含有のクリームが販売されるなどと、美容にも非常に効果が高いのです。

このように様々な効能があるにも関わらず、違法薬物やタバコやお酒のように酩酊状態になることや中毒性もありません。

欧米ではこの画期的さからすでに大ブームとなっており、日本でも新たな禁煙の形になるのではないかと期待されています。

CBD摂取がタバコ消費を減らす研究結果

2013年、ロンドン大学カレッジの研究者は、ニコチン中毒における内因性カンナビノイドシステムの役割を詳しく調べました。 24人の喫煙者がこの無作為化二重盲検プラセボ対照に参加し、12人にはCBDを含む気化器がランダムに与えられ、12人にはプラセボを含む気化器が与えられました。この研究は1週間実施されました。

研究中、喫煙者はタバコの摂取を控えたりやめたりするようには言われず、タバコを吸う衝動があるたびに気化器を使用するよう指示されていました。結果、プラセボを受け取った喫煙者が研究中に吸ったタバコの量は今までと変わりがありませんでした。

しかし、CBDを受けた喫煙者は研究中に吸ったタバコ量を通常時より40%も削減しました。
この研究が終わってから更に調査をしてみると、参加者の一部は継続してタバコを削減できているということも判明しました。

また、2018年にCBDの禁煙への影響に関する別の研究を実施しました。

一晩タバコを吸っていない30人の喫煙者に対し、翌朝800mgのCBDまたはプラセボを経口投与しました。心拍数、血圧を測定した後、タバコを吸う衝動を引き起こす「キュー」の写真を見せました。

すると、プラセボを投与されたグループと比ベて 800mgのCBDを投与されたグループはキューの魅力が低下していることがわかりました。

キングスカレッジロンドン上級アカデミックフェローであるトムフリーマン博士は、「これらの発見は、CBDがタバコ中毒の新規治療薬として非常に有望であることを示唆しています。 例えばたばこを吸う友人と一緒にいるときや、喫煙ができる場所にいるときなど、禁欲的な衝動が喫煙の再発を引き起こすきっかけとなる際に効果を得ることができるでしょう。」と述べています。

 

 

おすすめのCBD摂取タイプと購入方法

上記で紹介してきたように、CBDは禁煙を促進させる効果があると証明されています。

CBDを摂取するための商品には様々なタイプがあり、リキッド、オイル、ワックス、パウダー、タブレットなどが挙げられます。その中でも最もおすすめなのがリキッドタイプです。最も手軽に最も量を摂取することができます。VAPEでの摂取が特に有名ですが、VAPE専用のリキッドにCBDを含ませることで簡単に摂取することができます。

また、CBDワックスは高濃度で、ジェル状や固形に凝縮したものです。ワックスも専用器で吸引することができますが、リキッドよりも少し手間がかかります。一方でワックスはリキッドタイプよりもキック感が強いため、リキッドタイプでは物足りずより強いキック感を求める方にはこちらもおすすめです。

その他のタイプは口から摂取するものなどと様々ですが、タバコの代替品として最も有効的なのは吸引し、肺で摂取することであるため、やはり禁煙を目的とする場合はまずこのどちらかから初めてみるのがいいでしょう。

また、摂取に必要なvape用のCBDリキッドなどはドン・キホーテや百貨店などの市販店で売られており、簡単に手に入れることができます。もちろんネットから検索して購入することも可能で、初心者でも手が出しやすいスターターセットなども販売されています。

禁煙への第一歩を

これまでCBDを活用して禁煙を促進させるための方法を説明してきました。

あなたは禁煙を成功させたいですか?CBDは今後多くの喫煙者にとって、難題である禁煙を少しでも手助けしてくれる光となるかもしれません。

初めから全てを代替することは難しくても、試しに朝の一服前に適量のCBDを摂取してみて毎朝のタバコ習慣を軽減していくなど、ニコチンレスを補うための新形態としてあなたの生活にこの新しい成分を取り入れてみてはいかがでしょうか。

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。