CBDは禁煙の役に立つのか?【新しい禁煙の形】

CBDの使い方
どうもエルです。みなさんは喫煙しますか?CBDはVAPEでの摂取が有名ですね。実はVAPEでCBDを摂取することで禁煙に繋がるのではないのか?と言った研究結果がでたのです

 

このようにCBDによって禁煙に成功している方がいます。
本記事ではCBD摂取が禁煙に役立つのかについて書いていきます。

CBDは禁煙の役に立つのか?


タバコはヘロインよりもやめにくいと言う人もいます。喫煙者は禁煙について多くの人が考えるかもしれないことを研究は示していますが、ほとんどの人は禁煙に失敗しました。 そして実際に長期間禁煙することに成功しているが、それでも再発してしまう喫煙者が多くいます。
調査によると、多くの喫煙者にとって、禁煙のために最大約30回の試行が必要になる場合があります。喫煙をやめた人に聞いてみてください。それは用意なことではないことが聞けると思います。 しかし最近の研究は、 CBDが喫煙者の習慣を長引かせることに効果がある ことを明らかにした。 研究者は、CBDをVAPEで摂取することで、喫煙者が喫煙するタバコの数を大幅に削減できる可能性があることを発見しました。
CBDはタバコの喫煙をやめるのに本当に役立つのでしょうか?
ユニバーシティカレッジロンドンが実施した2つの研究は、まさにそれを発見するために実施しました…そして、いくつかの顕著な結果を明らかにしました。

CBD摂取によってタバコ消費を減らすことが示されている


2013年、University College Londonの研究者は、ニコチン中毒における内因性カンナビノイドシステムの役割を詳しく調べることを望んでいました。 24人の喫煙者は、この無作為化二重盲検プラセボ対照に参加しました。 12人にはCBDを含む気化器がランダムに与えられ、12人にはプラセボを含む気化器が与えられました。この研究は1週間実施されました。
研究中、喫煙者はタバコを吸う衝動があるたびに気化器を使用するように指示されました。 彼らはタバコの摂取をやめたり減らしたりしようとは言われませんでした。たばこを欲しがるたびに与えられた気化器からパフを取るだけです。週が終わると、プラセボを受け取った喫煙者は、喫煙したタバコの本数に違いはないと報告しました。
ただし、 CBDを受けた喫煙者は、研究中に喫煙したタバコの数を40%削減しました。  この研究のフォローアップでは、一部の参加者でこれが維持されていることも判明しました。

CBDはタバコの禁煙に効果があることが証明


2018年、ロンドン大学カレッジの研究者は、禁煙に対するCBDの影響に関する別の研究を実施しました。
CBDに見られる抗不安作用により、タバコの合図の重要性を変える可能性のある最小限の副作用と研究に加えて、研究者は禁煙のカンナビジオールの効果を詳しく調べたいと考えました。無作為化二重盲検クロスオーバー試験では、30人の治療を求めていない喫煙者に、一晩喫煙していない朝に800mgのCBDまたはプラセボを経口投与しました。
そして研究の参加者は、禁煙、渇望、副作用、心拍数、血圧がすべて繰り返し測定された後、タバコの「キュー」の写真を見せられました。渇望と禁断症状はCBDの影響を受けませんが、研究者は、プラセボを投与されたグループと比較して、 800mgのカンナビノイドの投与量は参加者のキューの魅力を低下させることを発見しました 。 これらの「キュー」は、通常、タバコを吸う衝動を引き起こすものです。 朝のコーヒーカップとその日の最初のタバコ、友人との飲み物、他の喫煙者との会話、電話での会話、喫煙者の活動を考えてください。
キングスカレッジロンドン上級アカデミックフェローであるトムフリーマン博士によると、「これらの発見は、カンナビジオールがタバコ中毒の新規治療薬として有望であることを示唆しています。 禁欲的な衝動が喫煙の再発を引き起こす手がかりになる場合に効果があるかもしれません。例えば、たばこを吸う友人と一緒にいるときや、喫煙ができる場所にいるときなどに特に効果的です。」

CBDを使用して喫煙をやめる


研究者はまだまだやらなければならないことがあると主張しているが、CBDはタバコをやめたい人には有望だと示している。ニューヨークのシナイ山病院にある中毒研究所の所長であるヤシム・ハード教授によると、「これらの研究は、CBDが人々の禁煙を支援する上で重要な役割を果たすことを示唆している」と述べています。
禁煙を成功させたいですか?
Vaping CBDは、タバコの摂取量を大幅に減らす可能性があります。 その日の最初のタバコの前の朝にいくつかのCBDを摂取すると、毎朝のタバコをなくすのに役立つかもしれません。これらのことからタバコ中毒に非常に良い影響を与える可能性があります。
今後より多くの研究が必要である一方で、CBDは習慣を永久に追い出したい喫煙者にとって有望な可能性を示しています。

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。