「ストレスで胃が痛い」それ、胃潰瘍かもしれません!

ストレスに悩む方へ
“こんにちは、エルです。今回は、ストレスによる胃痛に悩まされている方にぜひ読んでもらいたい内容です。その胃痛、放っておくと胃潰瘍になるかもしれませんよ!ストレスを解消することで、つらい胃痛ともおさらば!ぜひ最後までご覧ください。”

ストレスによる胃痛の原因は?

胃酸と胃粘液のバランスが大事

普段胃の中では、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよく保たれています。ですので、胃酸によって胃粘膜が荒れるということはありません。
しかし、 さまざまな原因で胃酸が多く分泌されたり、胃粘液の分泌量が減ってしまったりすると、胃粘液が胃粘膜を守り切れず、胃を傷めてしまうため「胃痛」が起こります。 

胃酸の分泌量が多くなる原因
仕事や家事によるストレス/睡眠不足/暴飲暴食(アルコールの摂りすぎ)
これらに代表される生活習慣の乱れが胃痛の原因である胃酸の過剰分泌を引き起こすとされているのです。
bbb=”CBDはこれらのうち、ストレスと睡眠不足にとくに効果が高く、生活習慣の改善とともに摂取することで効果倍増ですよ!!”

なぜストレスで胃酸が増えるの?

人間には自律神経があり、自律神経には緊張したときに優位になる交感神経と、リラックスしたときに優位になる副交感神経があります。
ですから、ストレスを感じて緊張状態にあるときには交感神経が優位になるということです。このとき、胃酸の分泌は落ち着いているのですが、 継続する緊張状態が途切れたときに副交感神経が優位になり、そのときに胃酸の分泌が盛んになるのです。  この反動が大きければ大きいほど、胃酸が一気に分泌されて、その分泌量に胃粘膜が追いつかなくなってしまうのです。

ストレスによる胃潰瘍ってどんな病気?

胃潰瘍がどんな病気か調べてみると、

胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多い現代社会の代表的な病気で、胃液中の「塩酸」や「ペプシン」という物質が、胃を保護している粘膜を消化してしまいます。
胃潰瘍の「潰瘍(かいよう)」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味で、胃潰瘍は「消化性潰瘍」とも言われています。 以前は、男性に多い病気でしたが、更年期の50代の女性にも多く見られ、若い人の発症率も高くなってきました。
胃潰瘍は、その人の性格と大きな関わりがあります。神経質、几帳面、ストレスをため込んでしまう、よく気がきく、悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすい病気です。
【引用】練馬区 安藤クリニック

このように記されていました。

“すでにご存じだった方も、そうでない方も、このような症状がみられたら、もしかすると胃潰瘍になっているのかもしれませんよ。”
胃潰瘍の症状
腹痛/吐き気/吐血/血便など
胃潰瘍の自覚症状のほとんどがみぞおちに痛みを感じる腹痛です。
痛みの強さによって胃潰瘍の症状がひどいというわけでもなく、軽い痛みでも胃潰瘍が進行している可能性もあるのです。
また、空腹時に腹痛があって食事をするとおさまる場合は、十二指腸潰瘍の可能性があります。
吐き気やおう吐などの症状が見られるときは、胃液が多く出すぎて胃粘膜とのバランスが崩れている可能性があります。
こうして、胃液が多くなり胃粘膜とのバランスが崩れていくと、「胃潰瘍」となり、これがひどくなると「胃穿孔(いせんこう)」、つまり胃に穴が空いてしまうわけです。

ストレスによる胃痛の対処法

胃の健康を保つためには、食生活の改善はもちろん、日常生活でのストレスの軽減、十分な睡眠時間の確保などをして、胃に負担をかけないことが大切です。

胃痛を軽減する生活習慣
①食生活の改善
②ストレスの軽減
③十分な睡眠
  • ①食生活の改善

脂肪分の多い食材や揚げ物などは、消化に時間がかかるため、胃酸を多く分泌させます。また、アルコール、コーヒー、紅茶、緑茶なども、摂りすぎると胃酸を多く分泌させてしまいます。
逆に、胃にやさしいものは、糖分や脂肪分、刺激物が少ない食材で、やわらかく消化が早いものです。豆腐、白身魚、鳥のささみ、おかゆ、雑炊などを毎日の食事に取り入れましょう。果物ではバナナやりんごなどがおススメです。

  • ②ストレスの軽減

気分転換や適度な運動をすることでストレスは軽減されます。しかし、仕事をしながら、家事をしながら気分転換をするといってもなかなか簡単ではありません。
いつも同じ毎日の繰り返しは一見ストレスがなさそうですが、大きなストレスになるものです。通勤時間やルートを少し変えてみる。居酒屋で食べたメニューを真似してみるなど、日常の中に非日常を取り入れながらリフレッシュしてみるのもよいでしょう。
▼仕事のストレスでお悩みの方は、ぜひこちらもあわせてお読みください。

CBDで仕事のストレスを克服する8つの方法

  • ③十分な睡眠

睡眠不足が続くと、自律神経のバランスが乱れて胃の働きに影響を与えます。「なぜ胃酸が増えるの?」でも示したように、胃痛を防ぐためには自律神経の安定が必要です。そのためにも、自律神経を整える睡眠の質を高めることは必要不可欠です!
▼不眠症にお悩みの方は、ぜひこちらもあわせてお読みください。

【不安で眠れない夜から脱出!】不眠のタイプ別、原因と対策を解説

薬の多用は要注意!

もしもひどい胃痛に悩まされていたとしても、鎮痛剤を多用することは絶対に避けましょう。鎮痛剤はご存じのとおり胃に大きな負担を与えます。鎮痛剤の多用により胃に穴が空いてしまっては本末転倒。
さらに、鎮痛剤の副作用により、胃痛がひどくなるケースもあるようですので、薬を使うときには副作用にも気をつけましょう。

“ストレスの軽減にも、睡眠の質向上にもCBDは効果を発揮します!天然由来なので副作用もまったくなし!とくにストレスの軽減に効果的なCBDを以下に紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!”

ストレスに効くCBD

CBD(カンナビジオール)は、麻から抽出される植物性カンナビノイドの一種として知られています。
一般的な製品は、オイルやカプセルが販売されており、サプリメントと同じように摂取することができます。
 長期間摂取することで効果を得ようとするサプリメントとは違い、私たちがもつECS(エンド・カンナビノイド・システム)、いわゆる身体調節機能に直接働きかけて、すぐに効果を発揮します。 

実際に体験した方の声には、
「飲んだ数十分後から不思議とイライラを感じなくなり、自然と気持ちが抑えられ、落ち着いた気分になりました。」
とありました。
CBDオイルを使うことでストレスを軽減し、つらい胃痛ともおさらばするきっかけになるはずです!

オススメのCBDオイル


>>【ENDOCA(エンドカ)】低濃度CBDオイル(10ml)<CBD3%>


>>【ENDOCA(エンドカ)】低濃度CBDカプセル(30粒)<CBD 10mg/粒>

“他にも「不安解消」「リラックス」「集中したい」など、目的別にさまざまな種類のCBD製品がありますので、自分の悩みにあわせて一度探してみてくださいね!”
>> CBD JAPAN 日本正規代理店
今、CBD公式LINEに登録していただくと、「CBD丸わかりガイドブック」のデータを無料でプレゼントしています!お得な情報盛りだくさんです!

ストレスと胃潰瘍について-まとめ

胃に穴が空いてからではもう手遅れ。
そんな状況にならないためにも、普段からのストレス軽減は必要不可欠です。
そして、胃の働きを正常に保つカギとなるのが「自律神経」自律神経を整えることで、胃の働きも正常化し、ストレスも軽減できるという一石二鳥。さらにストレスの軽減が胃痛をやわらげることにもつながるので、意識しないわけにはいきません。CBDは自律神経の安定にも効果があると言われています。
生活習慣の改善とともに、CBDを併用することで胃痛のない生活を手に入れましょう。
それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

LINEお友達追加はこちら

この記事を書いた人

CBD大使
3年前(2017年)からCBDにハマり、人生が好転した経験を持つ。 某ブラック企業で働き詰めの生活を送り、鬱なのかどうかわからない状態に陥り、とにかく毎日眠れない日々が続いていた時に、CBDと出会う。睡眠改善だけでなく、CBDのリラックス効果のおかげで、仕事でも成果がでるようになり、すっかりCBD信者へ転身。 「ヒトは、まず健康である事が大切だ」という考えがあり、その想いを伝えるためにも、現在ではCBD/カンナビジオールの存在を世に広めたいという信念を持つ。